カードローンの利便性と注意点

カードローンの利便性と注意点


カードローンの良い所

・急な出費に対応できる。

・返済が定額なので返済しやすい。

・人にばれずお金を借りることができる。

・ネットから振込キャッシングができる。

・返済額を自分で判断して振込みできる。



カードローンの悪い所

・カードローン会社によって金利がバラバラ。

・定額で支払いですが、支払い期限が長ければ長いほど金利が上がり

完済日が気付けば5年後とかになっている事がある。

・カードの上限金額が大きいので、気持ちが大きくなってしまい

融資の金額を大きくしてしまう。



上記のようにカードローンは良い所も悪い所もありますが

私は使い方だと思います。

昔は「カードローン=借金」→怖い人が請求にくる。

と言う怖いイメージだったと思いますが、

現在のカードローン会社は大手銀行が母体となって

経営している事が多いので安心だとは思います。



だから、いっぱい借りましょうと言う訳ではないですが、

自分の収入に見合った借り方をしたら本当に便利な機能だと思います。



あまりに多くのカードローンに手を出すと本当に支払いが大変になりますが、

1つのカードローンに絞って使えば自分の中で計算もできますし、お金の魅惑に

負ける前に自分で『借りすぎてる』と判断をして抑制する事ができます。

その中でも私のオススメは銀行のカードローンです。

金利が安いし銀行口座と連携できるので支払いも引き落しで分かりやすいです。



以上、カードローンの返済に悩んだ事がある私からのアドバイスです。

借り換えローンガイド



カードローンの年率は借入金額によって上下しますので百万円ほどであれば年率10%以上もかかってくるのです。

キャッシングを使っていて、いつまでに完済できるか、借入額と返済総額をちゃんと記憶している方はそう多くはありません。カードローンの返済の遅延や債務整理で信用情報機関のブラックリスト入りするとおよそ5年程度はローンやクレジットの利用ができなくなります。

キャッシングの返済は通常では借入残高で上下しますが定額になっているのですが、まとまった金額で繰り上げ返済をすることもできます。借り入れをする場合はまずは借り入れの金額と返済額に注意して自分なりの返済の目安を立ててみてください。

カードキャッシングは使いやすくなっていて、予想外の支出でお金がピンチのときにすぐに振り込まれるローンも登場しています。


関連記事


利息を比べてカードローンにしたこと

数年前に消費者金融からお金を借り入れたことがあるのですが、その際には利息の上限額になっていました。とても高い利息だと思ったのですが、他に借り入れる宛てがなかった...


AX